格闘技の反則について

格闘技と一口に言っても、様々な種類があります。
同じジャンルを名乗っていても、団体によってはルールや反則が微妙に異なったりしております。
まずはボクシングです。
足を使わないボクシングの場合、こぶし以外の部分でダメージを与えることは禁止されております。
肘や頭突きなどはもちろんいけません。
また、こぶしによるパンチであっても、後頭部や金的部分への攻撃は禁止をされているのです。
プロレスの場合、主な反則行為は以下のようなものになります。
こぶしによるパンチ、金的攻撃、凶器攻撃、チョークスリーパー、指を3本以下しかとらないような固め技、といった具合です。
ただしこれがいわゆる総合格闘技と呼ばれるものとなりますと、少し異なります。
パンチは認められておりますし、チョークスリーパーも認められております。
総合の場合には、プロレスと比べて禁止されている技が少ないことでも知られており、より格闘を楽しみたい人向けと言えます。

pickup

医療用かつら・ウィッグのアーバンヘアMIKI[ミキ]

アンティーク調家具

ケラスターゼのアイテム

格闘技

Copyright © 格闘技について知ろう! All Rights Reserved.